今まで読んだペーパーバックや映画のについてご紹介します。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

Jane Austen

2008-04-22 Tue 15:51
Sense & Sensibility (2008) & Persuasion (2007)Sense & Sensibility (2008) & Persuasion (2007)
(2008/04/08)
不明

商品詳細を見る

Pride & Prejudice (1995) (2pc) (Spec)Pride & Prejudice (1995) (2pc) (Spec)
(2001/09/25)
Ehle、Firth 他

商品詳細を見る


例年に比べても遅い春の訪れにストレスすら感じて、家で過す時間を少しでも快適にとDVDを購入しました。

"sense and senshibility"は イギリス女流作家"Jane Austen "の処女小説です。
作品としてはどちらかというと、"Pride & Prejudice "の方がよく知られているかもしれません。
内容的には年代的にも社会背景やイギリス貴族の日常生活を描いているところなど
似通っている部分も多いからだと思います。
私もこちらは既に友人に勧められて映画、TVシリーズとも既に観終えていました。

登場人物への思い入れが私としては"sense and senshibility"へが強く、
特にTVシリーズは今年のはじめに3回にわたって放映されたのですが、次が待ち遠しくて久しぶりにTVに釘付けになりました。
その後原作を読み、その途中で映画も観たり、家族に提供する話題も"sense and senshibility"からの事柄だったりと、頭の中が一時期この作品でいっぱいになっていました。
そのくらいのめり込める程、私には魅力的に感じられました。

それは3人姉妹の長女"Elinor"と対照的な次女"Marianne"の二人に
私自身の想いを投影していたからだと思います。
原作では長女の年齢は19歳、次女は17歳、
お母さんは40歳で次女に一目惚れをし将来の夫となる"Colonel Brandon"35歳とされています。
常に自分の感情を抑え、自分にとってはもちろん父である夫を亡くしたばかりの母を
気遣ったり、自分のことを後回しにしても
家族の幸せを祈る姿がけなげで痛々しくて、強いけれど儚げな"Elinor"
自分の思うがままに振る舞い、感じた事を素直に口にしてそのことの影響にまで
考えが及ぶほど年齢でもなく、その華やかな美しさから
そんな奔放さも回りから許されてしまう"Marianne"
「悪気がない」という言葉が"Marianne"ほど似合う人は他にいないかもしれません。
そんな二人から目が離せなくなりました。
"sense and senshibility"がお好きな方なら映画と
こちらを見比べてみるのも楽しいと思います。
とにかくおすすめですよ!
原作、映画、TVシリーズと三つ巴で頭に入っているので、
整理しないといけないのですが、私はこのテレビシリーズの"Elinor"の
キャスティングがなんと言っても気に入っています。

"Pride & Prejudice "を英語字幕付で観たのはもう1年以上前のことになります。
友人が映画とこのTVシリーズのDVDを勧めてくれたのです。
そのときは余り馴染みのない単語が多くてよくわからなかったのですが、
"sense and senshibility"の原作を読んだおかげで今回は大分楽しむことができたと思います。
"Elisabeth"役の女優さんが日本人の女優さんを思い出させて、
しっくりこなかったのですが、きっぱりと物言うその姿勢や
歯を見せずに微笑む笑顔がとても魅力的に思えて
"Elisabeth"の視線で物語の流れを追えたのが楽しめた理由かと思います。
今は原作を読んでいます。

好きな物語を"原作"で"映画"で楽しむ…
私にとっては良い事なのかそれとも???
考えてしまいます。













スポンサーサイト
別窓 | DVD | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

| いっぱい読んでたくさん観たい本と映画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。