今まで読んだペーパーバックや映画のについてご紹介します。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

The Count of Monte Cristo

2008-02-17 Sun 03:11
The Count of Monte Cristo (Penguin Classics)The Count of Monte Cristo (Penguin Classics)
(2003/05/27)
Alexandre Dumas

商品詳細を見る


もうかれこれ25年も前になりますが、日本語で読んだのが初めてでした。"巌窟王"という言葉もこのとき初めて知りました。
無実の罪で14年間も孤島の牢獄に幽閉されていた主人公が、脱獄に成功し巨万の富を手に入れて、自分を陥れた人々に復讐をする。
このときはこの復讐劇が爽快で次はどうなるかとどんどん読みすすんでいった記憶があります。
例えば"忠臣蔵".年末のお決まりドラマと思っていても毎年のように観ていましたね(笑)
それがいつぐらいからなのかはっきりは思い出せませんが、最近では復讐やあだ討ちの目的を果たすまで本当に最後までその意欲を持ち続けることができるのか?またその意味があるのか?と思うようになりました。

原書はフランス語ですので、こちらは英語の翻訳本です。英語翻訳もいくつか種類があるようですがこれは現代語訳なので会話の部分などは私の英語力でもすんなり入ってきました。
1300ページ近くあるので重くて持ち歩けない事もあり、また途中で筋からすこし離れた部分などはどうも先に行く気がしないでかなりほったらかしにしていた期間も長かったのですが、後半は一気に読み終えました。

一思いに殺してしまうよりも、自分と同じような苦しみを味あわせるためにと用意周到に復讐のための種を蒔いていく…
読みながら時にもうその事に時間を使うより、自分自身が幸せになるために費やして欲しいと思うこともありました。
経験する必要のない苦しみや悲しみを背負う理不尽さ。
これはもう想像の域を脱しませんが、もっと身近な出来事でさえ
できれば上手く交わすことができれば良いのかもしれないと
その場で自分が納得できる対処ができればいいのだけれど…
100年以上も前に書かれた小説に現代の人間関係が投影できます。

「英語で読まなくっても良かったかも」?
が正直な今の感想ですが、ちょっと自信になったかもしれません?!
分厚さNO1ペーパーバックかも?
もっと長編ペーパーバックをご存知の方がいらしたら是非教えてくださいませ。



スポンサーサイト
別窓 | ペーパーバック | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑

| いっぱい読んでたくさん観たい本と映画 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。