今まで読んだペーパーバックや映画のについてご紹介します。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

Mamma Mia

2009-02-01 Sun 14:49
Mamma Mia

ミュージカルで観たいと思っていた"Mamma Mia"
だんなさんが飛行機の中で観て気に入り昨日DVDを購入したので早速夕食後に鑑賞会。
昼間出かけていて少し疲れていたこともあり、途中で寝てしまうかしらとも思っていましたが、いえいえそんなことはありませんでした。

こういった映画は演じている人もとても楽しそうで、私も観ながら身体が動き出しますし、もちろん歌は70年代の青春真っ只中のヒット曲ですから歌詞の字幕に合わせて口ずさみます。
主演のメリル・ストリープは還暦を迎えているそうですが、もちろん貫禄もありますが溌剌としていて観ている私も元気いっぱいになれます。

映画のそれぞれの場面にABBAの曲が良く合っていました。歌詞の意味などわからずサビの部分以外はハミングでつなげて歌っていた学生時代。改めて聴くとそれぞれの曲に新たな想い生まれました。娘を送り出す母の気持ちを穏やかに歌い上げるシーンでは思わず涙が溢れました。

日本では先日封切られたばかりですが、映画館でぜひご覧あれ!



スポンサーサイト
別窓 | DVD | コメント:4 | トラックバック:1 | top↑

holiday

2008-06-17 Tue 14:35
ホリデイ (HD-DVD)ホリデイ (HD-DVD)
(2007/08/09)
キャメロン・ディアス.ケイト・ウィンスレット.ジュード・ロウ.ジャック・ブラック

商品詳細を見る


DVDが発売されてからお値段が下がるのを待っていました♪
昨日、4.99ユーロで売られているのを見つけて早速購入しました。

インターネットのサイトで休暇中の家を交換し合って楽しむ…
一般的かどうかはわかりませんが、珍しい事ではなく2週間適度のお休みを
お安く快適に過す方法として欧米では浸透しているようです。
映画やドラマを観ていても全てありえない?信じられないと頭から思っていた頃に比べると
もう少し寛容に映画の背景をみられる様になってきたかもしれません。
歳を重ねる事が楽しいと思える所以でもあります。

恋愛で傷ついた大人の女性が元気になるためにはこのくらいの大胆さが必要なのかも?!
ケイトファンにはキャメロンに比べると映画の中の露出度が低いので(7:3くらいかな?)不満が残るかも…
豪邸とおとぎ話のお家♪
どちらも私にはため息…でちゃいます。
住宅事情がなんと言っても日本と一番違うところかなって思います。
お試しあれ☆



別窓 | DVD | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

Jane Austen

2008-04-22 Tue 15:51
Sense & Sensibility (2008) & Persuasion (2007)Sense & Sensibility (2008) & Persuasion (2007)
(2008/04/08)
不明

商品詳細を見る

Pride & Prejudice (1995) (2pc) (Spec)Pride & Prejudice (1995) (2pc) (Spec)
(2001/09/25)
Ehle、Firth 他

商品詳細を見る


例年に比べても遅い春の訪れにストレスすら感じて、家で過す時間を少しでも快適にとDVDを購入しました。

"sense and senshibility"は イギリス女流作家"Jane Austen "の処女小説です。
作品としてはどちらかというと、"Pride & Prejudice "の方がよく知られているかもしれません。
内容的には年代的にも社会背景やイギリス貴族の日常生活を描いているところなど
似通っている部分も多いからだと思います。
私もこちらは既に友人に勧められて映画、TVシリーズとも既に観終えていました。

登場人物への思い入れが私としては"sense and senshibility"へが強く、
特にTVシリーズは今年のはじめに3回にわたって放映されたのですが、次が待ち遠しくて久しぶりにTVに釘付けになりました。
その後原作を読み、その途中で映画も観たり、家族に提供する話題も"sense and senshibility"からの事柄だったりと、頭の中が一時期この作品でいっぱいになっていました。
そのくらいのめり込める程、私には魅力的に感じられました。

それは3人姉妹の長女"Elinor"と対照的な次女"Marianne"の二人に
私自身の想いを投影していたからだと思います。
原作では長女の年齢は19歳、次女は17歳、
お母さんは40歳で次女に一目惚れをし将来の夫となる"Colonel Brandon"35歳とされています。
常に自分の感情を抑え、自分にとってはもちろん父である夫を亡くしたばかりの母を
気遣ったり、自分のことを後回しにしても
家族の幸せを祈る姿がけなげで痛々しくて、強いけれど儚げな"Elinor"
自分の思うがままに振る舞い、感じた事を素直に口にしてそのことの影響にまで
考えが及ぶほど年齢でもなく、その華やかな美しさから
そんな奔放さも回りから許されてしまう"Marianne"
「悪気がない」という言葉が"Marianne"ほど似合う人は他にいないかもしれません。
そんな二人から目が離せなくなりました。
"sense and senshibility"がお好きな方なら映画と
こちらを見比べてみるのも楽しいと思います。
とにかくおすすめですよ!
原作、映画、TVシリーズと三つ巴で頭に入っているので、
整理しないといけないのですが、私はこのテレビシリーズの"Elinor"の
キャスティングがなんと言っても気に入っています。

"Pride & Prejudice "を英語字幕付で観たのはもう1年以上前のことになります。
友人が映画とこのTVシリーズのDVDを勧めてくれたのです。
そのときは余り馴染みのない単語が多くてよくわからなかったのですが、
"sense and senshibility"の原作を読んだおかげで今回は大分楽しむことができたと思います。
"Elisabeth"役の女優さんが日本人の女優さんを思い出させて、
しっくりこなかったのですが、きっぱりと物言うその姿勢や
歯を見せずに微笑む笑顔がとても魅力的に思えて
"Elisabeth"の視線で物語の流れを追えたのが楽しめた理由かと思います。
今は原作を読んでいます。

好きな物語を"原作"で"映画"で楽しむ…
私にとっては良い事なのかそれとも???
考えてしまいます。













別窓 | DVD | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

About A Boy と Music And Lyrics

2008-03-08 Sat 03:22
アバウト・ア・ボーイ (ユニバーサル・セレクション2008年第3弾) 【初回生産限定】アバウト・ア・ボーイ (ユニバーサル・セレクション2008年第3弾) 【初回生産限定】
(2008/03/13)
ヒュー・グラント.トニー・コレット.レイチェル・ワイズ.ニコラス・ホルト.ビクトリア・スマーフィット

商品詳細を見る
ラブソングができるまでラブソングができるまで
(2007/11/21)
ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア 他

商品詳細を見る


ヒュー・グラント主演の映画を2本観ました!
私は彼のファンなのだと改めて思いました(笑)
"About A Boy"は機会があればご覧ください。

"Music And Lyrics"はヒュー様ファンの方ならきっと楽しめるはずです。
別窓 | DVD | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑

ティファニーで朝食を

2007-11-28 Wed 00:04
ティファニーで朝食を ティファニーで朝食を
オードリー・ヘプバーン、ジョージ・ペパード 他 (2006/04/21)
パラマウント ジャパン

この商品の詳細を見る


オードリー・ヘップバーン主演の映画で実際にはまだ観ていなかった"ティファニーで朝食を"土曜日の夜にしては早い夕食を取りながら家族で楽しみました。
だんなさんはオードリー・ヘップバーンのファンでローマの休日のDVDを安く手に入れようといつも見ているようなのですが、"永遠のヒロイン"は私の暮らす国でも根強い人気があるようでDVDも安売りはしていません。
買い物をするともらえるポイント(この制度はこちらでは余り一般的でないのですが)が貯まって今回手に入れました。

映画の好みの順位をつけるなら"ローマの休日"、"いとしのサブリナ"に続く作品ですが,オードリーの魅力に絞って観るとしたら…
ニューヨークの5番街にあるティファニー本店の開店前の朝早い時間にショーウインドウの中を見つめながら、紙袋の中から取り出すデニッシュと紙コップ入りのコーヒーを食べているのは、シックな黒のスリーブレスにラインストーン襟が印象的なドレスを身にまとい、夜会巻きのアップスタイル、黒の大きめのサングラス。
映画を観たことがなくてもお馴染みのシーンが冒頭から流れるとすでに40年以上も前に製作されたことが信じられないようなリアル感。
最初から圧倒されてしまいました。

オードリーの魅力だけで全編を観通してしまえるほどの存在感は、憧れの人主演の映画だからこそですが、シンプルな黒のドレスの着まわしや普段使いにはちょっとためらいのあるサングラスも、私くらいの年齢になるともっと気軽に参考できるかしらと思いました。






別窓 | DVD | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑

| いっぱい読んでたくさん観たい本と映画 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。